「未分類」カテゴリーアーカイブ

[メモ] pstocapt2 パッチ

CAPTプリンタでORCAのQRコードが出ない問題、Canonのドライバではいまだに対応されておりません。(LIPSは最近のドライバではcngplpのオプションで対応)
以前までは/etc/cups/cupsd.confに

SetEnv GS_OPTIONS -dUseCIEColor

を設定しておけばGhostscriptに-dUseCIEColorが渡せてうまく回避出来ていたのですが、CUPSの脆弱性対応で、1.7.2-0ubuntu1.10のバージョンからSetEnvオプションが使えなくなってしまいました。仕方がないので、gsを呼び出しているpstocapt2 (LBP3300の場合) にパッチを当てました。


tar cndrvcups-capt-2.71-1.tar.gz
cd cndrvcups-capt-2.71
cd pstocapt2
./autogen.sh
./configure --prefix=/usr

filter/pstocapt2.c の char *org_cmd_arg[] 内 の “-dNOPAUSE” の下あたりに “-dUseCIEColor”, を追加。

--- pstocapt2.c.orig 2018-08-06 12:11:55.814873511 +0900
+++ pstocapt2.c 2018-08-06 11:47:49.899630007 +0900
@@ -83,6 +83,7 @@ NULL,
"-dSAFER",
"-dQUIET",
"-dNOPAUSE",
+"-dUseCIEColor",
"-sFastImage=All",
"-sOutputFile=-",
"-",


make

Optiplex 7020でWoLを設定すると、シャットダウン後数秒で電源が入る

Launchpadにもあるこの問題、
2年ほど前、弊社ではDELLのOptiplex7020+Ubuntu 14.04で発生しました。
社内でのセットアップ時に頻発し、原因もわからず、なぜか納品してお客様のところで設置したところ現象が起きなくなったため放置していました。

今回、なぜか再発したため、再び調査したところ、当時は見つけられなかったRedHatのbugzillaを発見しました。
問題はUSB 3.0周りにあるらしく、最近のカーネルにはこの現象への対処が組み込まれていて、

xhci_hcd.quirks=270336

などをカーネルオプションに設定すると回避できるようです。

Ubuntu 14.04 + Libreofficeで印刷できない。(LBP3410)

14.04にアップグレードしたところ、Libreoffice Calcで作成していた帳票がLBP3410で印刷できないという連絡をいただきました。(プリンター側で、ジョブエラーになる)

ググってみたところ、ディストリビューションは違いますが、LibreOfficeの印刷とPDFの印刷ができない、を見つけました。

対処方法としては、EPSONプリンターの時と同じように、-o pdftops-renderer-default=pdftopsを設定するか、または、Libreofficeのプリンターのプロパティで、出力データをPDFからPostScriptに変更するとよいようです。